楽天SEO対策の重要なポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

・楽天SEOにおける対策すべき要素

楽天の売上アップを狙う上で、新規のアクセス数を増やしたい!
という課題を抱えている方は多いと思います。

今回は新規ユーザーの大半が利用する楽天検索の対策(=楽天SEO)について
まとめてみました。

楽天内で検索を行うと
「標準(デフォルト)、価格が安い、価格が高い、新着順、感想の件数が多い」
という項目で商品検索結果の並び替えが行えます。

ここで気になる「標準」という言葉。

「標準」に関する順位決定は
商品名、PC用キャッチコピー商品説明文、販売説明文、レビュー数などを
組み合わせて見られていると言われています。
※もちろんロジックは非公表のため推測となります。

Yahoo!やGoogleのSEO対策であれば商品名や説明文などに
適切なワードを散りばめるというのは理解できると思いますが、
「レビュー数」はどのように関わってくるのでしょうか。
このあと順を追ってご説明します。

 

・狙ったキーワードを入れて対策してみた!

「ipod nano 第7世代 ケース」で流入が多く見られる
このキーワードでヒットする商品を探すと、

「iPod nano 第7世代専用 Diablo シリコンケース」が3P目にヒット。

現在この商品はレビュー0件。

ここで、商品名、キャッチコピー、商品説明文に「ipod nano 第7世代 ケース」を含めたところ、

ものの30分で2Pの上位まで順位が上昇!

・・・え?すごい簡単じゃん?!

 

・でも、なんでこの順位なんでしょう?

狙ったキーワードで順位は上がりました。
でもなぜ2ページ目止まりだったのでしょうか。
他の商品をよく見てみましょう。

レビューの付いている商品の方が上にありませんか?

さらに上位になればなるほど、比例してレビューの件数が多くなっていませんか?

実際に確認して頂ければ分かるように、適切なキーワードを使うこと以外に、
レビューの件数が楽天SEOの非常に重要な要素であることは明確です。

 

・重要なポイントはキーワード選定とレビュー収集です。

もちろんキーワードによって、競合の数が変わりますので、
せっかく1位になったとしても、そのキーワードの
検索数が少なければほとんど意味がありません。

そしてレビューに関しては1件でも多く集めること。
レビューは今回ご説明したように楽天SEOでは非常に重要視されていますし、
縦長商品ページの作り込みなどの際にも欠かせない要素です。