海外への冷凍便(クール便)の宅配

このエントリーをはてなブックマークに追加
機会があって、日本から海外へ食品をクール便で宅配してくれる業者について調べました。 海外配送については以前、転送コムを利用されている通販事業者が多いという内容で投稿しました。 しかしながら、転送コムはクール便の受け付けはしていないとのこと。 少し調べてみると専門業者の「ジェットエイト」さんが出てきました。 早速電話したところ、1個10万円以上とのこと。 食品ECで標準サービスにするには価格的にまだまだ厳しい印象。 常温対応は行っている他の業者も調べてみましたが、現地から個人宅への郵送手段が確立できていないのと 通関の面倒さもあって、対応している業者さんは発見できませんでした。 結論的には国内EC事業者が世界に向けてクール便宅配で商売するには、まだまだ敷居が高いようでした。 ■現在、国際クール宅配便(海外個人宅への冷凍便)を受け付けていない業者 ・ヤマト運輸 ・佐川急便 ・EMS ・DHL ・FedEX ・近鉄エクスプレス ・日本通運 ※空港間は可能だが、現地輸送手段なし ■ジェットエイト http://www.jet8cargo.com/ ドアツードアでの冷凍便の配送が可能。 輸送代金は都度見積。 依頼されてから見積までの期間は配送先・内容物によって1週間越えもある。 東京の営業所にクール便で配送すれば、国際冷凍便用に再梱包し、海外に出荷する。 都内以外の集荷は別途見積 ※関税については見積に含まれていないため別途請求が発生する可能性あり 担当官によって関税判断が異なるため、事前見積は不可。 着払いの形で受取人支払いにすることは可能。ただ受取時にお金を持っていなければ対応できないため、お薦めはしていない。 各国の輸入関税表である程度の予測を立てることは可能なので、お客様へ事前に予測金額をのせて請求する運営フローが望ましい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: コラム, ネットショップ 運営   作成者: 高橋覚 パーマリンク