ネットショップ コンバージョン対策の3つの観点

このエントリーをはてなブックマークに追加
コンバージョン対策=商品ページ改善という風に捉えられがちだが、実はコンバージョン対策はそれだけではない。 コンバージョン対策(改善)には3つの観点がある。 1:集客経路改善 そもそも、というか集客経路がイマイチである場合、コンバージョンはつかない。 極端に言えば、お米の商品ページに対して、リスティング広告などで食パンというキーワードで流入させても微妙だし、女性向けコミュニティで男性用毛髪剤を紹介して流入させてもコンバージョンはつきずらい。 広告成果がつかない、直帰率が高すぎる、滞在時間が短すぎるといった場合は、ユーザーが流入元から遷移する際に流入先として想定していたページとイメージが異なっている可能性が高い。その場合、そもそもの集客経路を見直す必要がある。 2:LPO対策 色々なところで書かれている通り、商品ページを改善することで、大きく成果が上がることがある。 極端な経験では変更したその日から成果が変わったりもする。 3:サイト内導線の改善 意外と見落としがちなのが、サイト内導線の改善だ。 ユーザーがサイトに訪問し、商品に対して購入を検討してくれたとき、次に必ず気になるのは他人の評価、送料、到着日、決済方法といった部分だ。 慎重なユーザーになると楽天で買えばもしかしたらもっと安くなるかもしれないと思うかもしれない。 多くの場合、ユーザーは常に不安を抱えて、葛藤しながら購入を検討している。 そのため、サイトオーナーとして、ユーザーのこれらの疑問に対して、わかりやすく答えてあげて、背中を押してあげる必要がある。 しかしながら、ユーザーの疑問に対して答えるページがない、あるが閲覧されていない場合、改善の余地は大いにあると考えるべきだろう。 サイト内導線の改善は、「シナリオ分析」による改善が一般的だ。 シナリオ分析手法とはターゲットユーザがこの順番でページを遷移するであろう(またはしてほしい)という仮説シナリオを設計し、実際にユーザがシナリオ通りに遷移しているかという視点で各ページの数値を見ていくという分析手法である。 集客経路改善、LPO改善の次に導線はぜひ見直したい。 導線の見直しにはサイトについて知らない身近な人に顧客として訪問してもらい、購入にあたって疑問点を解決できる情報がのっているか、気になる情報、欲しい情報にすぐアクセスできるかについて意見を聞くのも有効策だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アクセス解析   作成者: 高橋覚 パーマリンク