稼げるアフィリエイト、稼げないアフィリエイト

本サイトは広告主様を対象にしたサイトですが、今回はアフィリエイト広告をアフィリエイタ―側の視点で説明しました。
アフィリエイト広告を検討されている広告主様は、試しにアフィリエイタ―として参加して他社の商品を紹介してみるとアフィリエイタ―側の気持ちもわかっていいと思います。

アフィリエイトとは
アフィリエイトとは成果報酬型の広告のことです。
広告主は他社のサイトと提携し、自社の商品・サービスの宣伝を依頼します。
その見返りとして、成果ベースで報酬を依頼者に支払います。
アフィリエイト広告は広告主にとって売れた分だけの支払いとなるため、リスクが低く、サービスとして大きく広がりました。
以前は弊社も含めて自社でアフィリエイトパートナーを募集し、成果管理する仕組みを行っている企業も多くありましたが、現在ではパートナーとの提携効率、システム構築の効率を上げるために、アフィリエイトサービスプロバイダー業者(アフィリエイトASP)を仲介して取り組むのが一般的です。

最近は、ソーシャルゲームなどで広告を見てアプリや資料をダウンロードしたユーザーに対してバーチャルのアイテムやポイントを与えるリワード広告や、インターネット上だけでなく、スマートフォン申込時に店頭スタッフに自社サイトを紹介してもらい、入会やブックマークに応じて成果を支払うリアルアフィリエイト(バンドルアフィリエイト)という変形も生まれてきており、引き続き注目されています。
アフィリエイトの仕組み
アフィリエイトは提供しているアフィリエイトASPによって異なりますが、アフィリエイタ―側の立場で比較的成果を獲得しやすいASPのひとつが、楽天アフィリエイトです。
なぜ成果を獲得しやすいのか。理由は成果対象サイトの規模とクッキーの仕組みにあります。
ご存知の通り、楽天は数々の店舗が出店している巨大なショッピングモールです。
アフィリエイタ―はその数々の店舗や商品の中から、紹介する店舗や商品を選んでサイトに掲載するわけですが、掲載している商品そのものをアフィリエイタ―サイト訪問者が購入しなくても成果になることがあります。
簡単に言えば、一度アフィリエイトリンクを踏んだユーザーが楽天のどの店舗で購入しても、リンクを踏ませたアフィリエイタ―の成果として計上される仕組みになっています。
楽天は巨大なショッピングモールで、利用しているユーザーも多いですので、一度アフィリエイトリンクを経由すると成果になる確率は高いと言えます。

アフィリエイト広告
※楽天アフィリエイトの管理画面。画像では楽天トラベルは一度もアクセス供給を受けていないが、利用者が多いため、アフィリエイト対象となるユーザーも多い

対して同じく巨大なサイトであるAmazonも、アフィリエイトの成果は出やすいのでしょうか。
AmazonのアフィリエイトであるAmazonアソシエイトは成果が出にくいアフィリエイトとして知られています。
ではなぜ、楽天アフィリエイトは成果が出やすく、Amazonアソシエイトは成果が出にくいのか。その理由はクッキーの有効期限にあります。
通常アフィリエイタ―はアフィリエイトに参加すると個別にパートナーIDを与えられます。
商品を紹介するとき、このパートナーIDを含んだアフィリエイトリンクで紹介することで、アフィリエイトASPはどのパートナーの成果か判別できるようになっています。
アフィリエイトサイト訪問者はアフィリエイトリンクをクリックするとクッキーが発行され、どのパートナーのアフィリエイトリンクを踏んだのかブラウザにその情報が記録されます。
この記録の有効期限はASPによって異なるのですが、楽天は30日間記録されます。対してAmazonは24時間以内にカートに入れてもらわなければなりません。


※Amazonアソシエイト管理画面。厳密にはアソシエイトの規約ではアフィリエイト広告で誘導したユーザーがアマゾンを開いてから24時間以内にカートに入れた商品が成果対象。カートまで入っている商品ならその後89日間以内に注文が行われれば有効


アフィリエイタ―心理からするとやはり成果がつきやすく、報酬が多いアフィリエイトで紹介しようと思います。
楽天アフィリエイトは各店舗、報酬率アップも積極的に行っている印象がありますので、やる気のあるアフィリエイタ―も多く、アフィリエイト経由のアクセスは膨大だと考えられます。

アフィリエイトをどう利用するか
ASPを通した自社サイトのアフィリエイトでは、モール全体で購入が発生すれば成果になるというようなアフィリエイターにとってのメリットを感じてもらえるということはありません。
そのため、有力なアフィリエイタ―に参加してもらい、いかにやる気を維持してもらうかということがポイントになります。
また、無駄な広告費を削るためにも禁じ手を使っているユーザーも運用で排除していかなければいけません。
アフィリエイトASP自体が一般的なアフィリエイトの常識から外れている悪質な場合もありますので、そのようなASPは選らばないような注意も必要です。

弊社の『アフィリエイト代行サービス』ではASP選定から運用までサポートしています。ご関心がありましたら、お声掛けください。

zp8497586rq