SEO対策の基本

このエントリーをはてなブックマークに追加

SEO対策のキーワードを決め方、4つのツールを使いこなそう

 

SEO対策は、どのキーワードで対策をするのかを決めることが一番重要です。
ちょっと検索すれば、SEO対策について書いてあるサイトは無数に出てくるのですが、各論ばかり書いてあって、総論はありません。

ですので、ここでは全体像をお話しします。

 

SEO対策のキーワードは、決してSEO会社に決めさせてはいけません。
SEO対策会社は、上位表示できそうなキーワードをオススメしてくるからです。

 

キーワードの見つけ方は、
1、そもそもたくさんの人に数多く検索されている
2、あなたのサイトの実力で検索結果の上位表示できる
3、検索結果に表示されて、クリックされる
4、クリックされてあなたのサイトに来訪して、コンバージョンされる
必要があります。
この4つが揃わなければなりません。
ほとんどの方は、1と2だけ、もしくは2と4だけを気にされます。
しかし、たとえ上位表示されても、1から4まで伴わなければ何の意味も無いのです。

 

では、1~4の調べ方を説明します。

 

1、キーワードが一定期間でどれくらいの人に検索されているか、キーワードアドバイスツールで調べます。

 

このキーワードアドバイスツールで、あなたが上位表示させたいキーワードがそもそもどれくらい検索されているのかを調べます。ある程度の検索数がなければ上位表示させても意味は無いですが、あまり検索数が多いと競合も増えて上位表示が難しくなります。

 

キーワードアドバイスツール

※キーワードアドバイスツールとは
Yahoo!やGoogleやその他の会社が提供しているものなど多数あるのですが、Yahoo!のキーワードアドバイスツールがオススメです。
キーワードアドバイスツールとは、あるキーワードが、月に何回検索されているのかがわかるというものです。
スポンサードサーチを利用中でYahoo! JAPANビジネスIDをお持ちの方のみ使うことが出来ます。簡単に言うと、ヤフーでリスティング広告に出稿している人が使えるツールです。
昔一度無くなったのですが、復活しました。

ちなみに、Googleで検索して、約〇〇件と書いてあるのは、Googleに登録されているwebサイト数なので、検索数とは違います。この件数が多いと、ライバルのサイトが多いので、上位表示が難しいと考えることも出来ますが、この数字はそんなに重要ではありません。

 

Googleトレンド

※Googleトレンドというものもあります。
これは、あるキーワードが、数年間の間に、検索される回数が増えたのか減ったのかがわかるサービスです。
キーワードアドバイスツールは1ヶ月ならば1ヶ月の検索数を複数の関連キーワードについて見ることが出来ますが、Googleトレンドは1つのキーワードの検索数の動きを見ます。流行廃りがわかります。

 

2、キーワードで検索した時、あなたのサイトの検索順位が何位なのかを調べます。

あなたのサイトの実力でどこまで上位表示できるのかは、Googleが決めるので、やってみなければわかりません。ですから、日々対策をして、GRCなどのソフト、SEOチェキやFerretなどのwebサイトで毎日の検索順位の推移をチェックします。

 

 

grc

※GRC、SEOチェキ、Ferretとは
あるキーワードの検索順位を簡単に調べることが出来ます。 例えばあなたのサイトがSEOを検索して何ページ目に出てくるのかは、実際に検索すればわかります。ただ、知りたいキーワードの数が増えたら1個1個実際に調べるのが面倒くさいので、それらを一気に調べたり、調べた結果を保存しておくことが出来るツールです
Google、ヤフー、Bingの3つの検索エンジンの検索順位をまとめて調べることが出来ます。
ちなみに、Googleとヤフーは同じエンジンを使っています。

 

3、検索結果に表示された回数と、実際にクリックされた回数を、Googleウェブマスターツールで調べます。

狙ったキーワードで上位表示がされて、検索した人の検索結果の画面にあなたのサイトが出てきました。しかし、表示されたからと言ってクリックされるとは限りません。

 

例えば、あるキーワードが1位表示されると10%クリックされるけれど、5位表示だと1%しかクリックされないということがあったとします。そのキーワードの類似キーワードでは検索数が少なくなりますが、1位表示が可能なので、10%クリックされるとこちらの方が良い、ということが起こりえます。

 

また、表示されているのにクリックされないということは、あなたのサイトが検索している人の求めているサイトでは無かったり、タイトルやサイトの説明文(ディスクリプション)に修正の余地があるのかもしれません。

 

Googleウェブマスターツール

※Googleウェブマスターツールとは
あなたのwebサイトが、Googleで1ヶ月で何回表示されたのか、そして何回クリックされたのかを明らかにします。
サイトに来た人だけでは無く、検索経由で来て頂ける可能性のある人を調べます。
また、あなたのサイトがどこからリンクされているのかなどが明らかになります。
「サイトマップをGoogleに送る方法」とか「アナリティクスと連動する方法」はとかは適当に検索すればすぐ出てきますので、ここでは省略します。

 

 

4、サイトに来た人の動きをGoogleアナリティクスで調べます。

検索結果に表示されてあなたのサイトがクリックされました。そこで初めてあなたのサイトにユーザーが流入してくれました。さて、流入してくれたユーザーは、あなたのサイトで商品を購入したり、見積依頼をしてくれているでしょうか。

 

Googleアナリティクス

※Googleアナリティクスで以下のようなことを調べます。
■どんな人なのか
・地域
・PCかモバイルかスマホか
■どこから来たのか
・検索エンジンから
・他のサイトなどのリンクから
・メールマガジンやブックマークなど、どこから来たのか明確では無い場合
■それぞれのページが読まれているのか否か
■商品を買ってもらえたのか、見積を依頼して頂けたのか、結果を判断

 

1から4まで調べたら、一番重要なキーワードが決まります。
検索ボリュームと、自分のサイトの実力で狙えるキーワードを選別してください。
仮説と異なっていれば、改善していきます。

 

上位表示されているかどうかは検索すればわかりますし、アナリティクスで来訪者の分析をしている人は多いと思います。

しかし、全体の流れの中でそれぞれのツールを使いこなして判断できている人は少ないように思います。