SEO対策のコンテンツボリュームとオリジナリティ

近年でのGoogle検索アルゴリズムのアップデートで、パンダ、ペンギン、

そして最近のハミングバードとありましたが、 みなさまのサイトで

その影響はいかがでしょうか?

 

弊社では影響を受けた(と思われる)サイトがありました。

初代ペンギンアップデート以降、検索順位が落ち込んでしまったのです。

 

そうなるとまずは、オーガニック検索での集客数が落ます。

そして集客数が減れば、当然売上も落ちます。

集客数を補填しようとすると、キーワード広告費が嵩みます。

 

いいことなしですね。 そうなる前に早めの手を打っておく必要があります。

 

クローラーから評価されるポイントと言われているものは色々とあり、

どれが大事で何をすべきかという明確な答えを知る術はありませんが、

今後の方向性として大事なポイントと言われているものに、

 

■コンテンツのボリューム

■コンテンツのオリジナリティ

が、あります。

 

このポイントを満たすためにはなかなか体力も必要となり、

「わかっちゃいるけど…おざなりになっている状況」

という方も多いのではないでしょうか。

 

体力の必要な方向性ですし、早めに取り掛かっておく必要があります。

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、アップデートの影響を受けてしまった

サイトで行ったSEO対策は、やはりコンテンツのボリュームとオリジナリティを

出していくという方向性で行っていきました。

 

具体的に言うと2つで、

■テキストボリュームを増やし、流用されているような文章を使わずに

オリジナルの文章を作る。

■今まで集客用に外部ドメインのレンタルブログを使用していたのを、

独自ドメインのブログを構築して切り替える。

 

といった内容です。

ブログに関しては、外部と内部でどちらも長所と短所がございますが、

今後のSEO対策を考えると内部で行うべきでしょう。

今まで書いていた記事がもったいない…という方も、

結構簡単に記事の移行ができちゃうものもあります。

 

上記対策の結果、徐々に徐々にではございますが

検索順位が緩やかな右肩上がりとなりました。

 

そして最近のハミングバード以降、その影響なのかどうなのか

確証はございませんが、今まで箸にも棒にもかからなかった

キーワードが高順位にインデックスされるようになりました。

 

コンテンツのボリュームとオリジナリティ、この方向性は

やっぱり間違いではなかったということと、より重要な

要素としてクロールされてきている、ということですね。

 

その反面、競合さんのサイトを見ていると今までアップデートの

影響を受けていなかったサイトも、最近になってこの方向性を

満たして いないサイトは、検索順位がぶれはじめているように感じます。

 

SEO対策は自分のやっていることが正しいのか、価値があるのか、

確証が見えない中での作業となるので、思うように検索順位が

上がらずストレスになることもありますが、根気強く継続していきましょう。

コメントを残す