貰って嬉しい梱包方法についての考察

今回は自分がリピートしているショップ、モテる男の「スプートニクス」さんについて。 知名度が高いショップさんなので、利用したことがある人も多いと思います。 インターネットでも自社サイト、楽天、ヤフーショッピングと広く多店舗展開をされています。 自分がモテないから、モテるために利用しているのは確かですが、このサイトさんには他サイトさんにはない素敵な特徴があります。 ECを仕事にしている関係上、大手サイトを含めて色々なサイトで買い物をして、 チェックしているのですが、あまりいらっしゃらないと思います。 それは「梱包」が素晴らしいことです。 EC運営上、梱包・発送系は衛生要因とされ、最低限の品質を保っていればそれでいいと考えがちです。 また、コスト削減ターゲットにされやすく、作業者は出来て当たり前、ミスすれば怒られがちな領域でもあります。 でも、スプートニクスさんは ・梱包が綺麗です ※メーカーから納品されてくるビニール袋は皺になっていたり、なぜか破れていたりするのですが、きちんと新品の袋に綺麗に入れ直されています 他サイトで買った商品と並べてみるとわかるのですが、入れ方が美しく段違いです ・納品書がきちんと折られて、ショップ名入りのオリジナルクリアファイルに入っています ※プリントした納品書をわざわざ折るのか、直接入れるのか、送り状に合体させるのか、自社で大量発送している場合にはもめどころです。 しかし納品書はきちんと印刷されたものが折られ、雨の日のことも考えてクリアファイルに入っています。それだけで結構なコストだと思います。 ・返品ガイドが入っています ※丁寧にわかりやすい記載があります。思わずその気はなくても返品してしまおうかなという気になります そんなに経験はないのですが、梱包・発送がしっかりしている企業さんとお話をすると、お偉いさんがしっかり発送部隊を評価されています。 うちのはすごいよって。 逆に発送部隊も良い評価をくれるから、それに見合った良い仕事をしたいと思うし、もっと良くしていこうというアイデアも生まれるのかもしれませんね。 きっとスプートニクスさんの発送部隊もトップから評価されていることだと思います。 ちなみに弊社では「もらって嬉しい梱包委員会」を立ち上げて、差別化できるぐらいの梱包について研究(会社のお金で買い物しているだけだという意見もありますが)を進めています。 届いた商品をみんなで囲んで意見を言い合って、取り入れることはできないかを検討しています。
Friendly girl with cardboard box

※写真はもらって嬉しいイメージです 研究結果がまとまりましたら、また書きたいと思います。