アマゾン(Amazon) SEO対策と評価項目

このエントリーをはてなブックマークに追加
Googleなどの検索エンジン対策のことを通常SEO対策と呼ぶが、 楽天やアマゾンのモール内検索で自社商品をいかに上位表示させるかについての対策はモール内SEOと呼ばれている。 モールサイトに出稿しているEC事業者にとって、モールの検索結果は無視できるものではない。 Googleなどの検索結果ページと同じく、ユーザーは簡単に2ページも3ページも検索結果を辿ってはくれないため、 どのキーワードにポジションを取るか、1ページ目に残るにはどうしたらいいかを考えることは売上に大きく関わってくるからである。 楽天のモール内検索はレビュー数がものをいい、いわゆる昔から出店しているショップの定番商品が上位表示される傾向がある。 これにより、レビュー記入で割引というプルダウンを出したり、レビュー記入を引換にしたサンプル価格購入という手法が生まれたのは周知の事実だが、 基本的には時間の掛かる施策になっている。 そのため、新しい店舗や商品を上位に表示させるためには楽天サーチワード広告に出稿するか、キーワードのポジションを競合から外す必要がある。 しかし、アマゾンにおいては、レビュー数がすべてということでもなく(主要因子であることは間違いないが)、そもそも検索フレーズで出稿できる広告がないため、評価項目とフレーズのボリュームを予測しながら調整していく必要がある。
ec_amazonview

それではアマゾンの評価項目として考えられるのはどんな内容であろうか。 いまいちはっきりとしないのが正直なところだが、色々と拾い上げた情報から考える個人的な仮説としては下記の通りである。 ・レビュー数 ・閲覧数 ・購入数 ・在庫有無 ・商品タイトル ・被ウィッシュリスト数 ・内部検索キーワード設定 ・商品コメント ・被アソシエイトリンク もちろんこれは仮説にすぎないし、通常のSEO対策と同じく、ある程度の検索ボリューム数のあるキーワードを商品タイトルで狙っていくことが前提として大切になる。検索窓で候補キーワードが出ないようなキーワードはあまり狙い目とは言えないだろう。 アマゾンの検索結果にはパーソナルな購入や閲覧傾向は反映していないと思われるが、楽天とは異なる傾向があるため、色々と人気フレーズ(tシャツ)などを検索したり、出品商品の出現傾向を追っていって独自の対策を立てていって欲しい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: SEO対策   作成者: 高橋覚 パーマリンク