webサイトの配色について

このエントリーをはてなブックマークに追加

配色は初めてサイトを見た時に与える印象を大きく左右するとても大切な役割があります。 今回はディレクターでも知っておいた方がいい色の話をしたいと思います。

 

■色の3属性

・色相  赤・青・黄・緑などの「色み」のこと

・明度  色の「明るさ」のこと

・彩度  色の「鮮やかさ」のこと

デザイナーに配色の指示をする際は、 「明るく」「暗く」「派手に」などの指示は人によって取り方が違いますので、 「色相」「明度」「彩度」を使うとイメージが伝わりやすくなります。

 

■有彩色・無彩色

彩度がない色を無彩色(白、グレー、黒など)、 彩度が少しでもある色を有彩色といいます。

無彩色はどの有彩色とも相性がいいため、WEBサイトの配色でも多く使われます。

roulette online (vanlig, franska och premium), Blackjack (traditionell, highroller, multi-hand, Premium och Professional) och flera progressiva jackpott spel. title=”2″ src=”http://daiko.retro.jp/wp-content/uploads/2013/09/2.jpg” alt=”” width=”326″ height=”174″ />

 

■色の選び方

ベースカラー、メインカラー、アクセントカラーの3色を選ぶ基本的な方法があります。

〇メインカラー色の選び方 ・サイト・ブランドのコンセプトや商材にあった色  http://www.webcreatorbox.com/tech/web-design-color-scheme/ ・ターゲットユーザーの好きそうな色 ・強豪とかぶらない色 ・クリックされやすい色

〇サブカラー、アクセントカラーの選び方 メインカラーから離れた色相にすると鮮やかになります

〇トーン 色のバランスがあうように「トーン」を合わせます。 http://iso-labo.com/labo/web_color_mix.html

今回お話したのは、基本的な配色方法の1つになります。 色の大きさや、距離や、隣の色などにより印象が大きく変わりますので、 サイトにあった配色ができるようしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: コラム, サイト制作   作成者: 山尾哲生 パーマリンク